スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「月の壁」原画を公開 板橋 岡本太郎のレリーフ(産経新聞)

 板橋区は旧都庁舎1階正面ロビーの壁に設置されていた芸術家、岡本太郎のレリーフ「月の壁」の原画を購入し、区立美術館で開催中の「日本の美術運動展」で公開している。27日まで。

 原画は昭和31年の制作。旧都庁舎1階ロビーにあった岡本のレリーフは7点(11面)で、「月の壁」は縦約6メートル、幅約4・5メートルの巨大な陶板壁画だったのに対し、原画は油絵で縦80センチ、横65センチ。青を基調にした鮮やかな色使いなどがレリーフそのままだという。

 レリーフは都庁舎移転に伴い、平成3年に取り壊されたが、レプリカが川崎市岡本太郎美術館に保存されている。

 区によると、原画は21年に川崎市岡本太郎美術館で一時公開された後、区が都内の美術商から約1365万円で購入した。

 区立美術館の弘中智子学芸員は「旧都庁舎が建築家、丹下健三さんの設計だったため、岡本さん自身、建築に負けない壁画をつくろうと意気込んでつくった勢いのある作品」と話している。

 日本の美術運動展は区立美術館所蔵作品の中から、大正時代から現代までの板橋区ゆかりの作家や日本の前衛作家58人の作品75点が展示されている。入場無料。月曜休館。問い合わせはTEL03・3979・3251。

<殺人>焼け跡から女性遺体 首に切られた跡 静岡・三島(毎日新聞)
<大相撲>大嶽親方「何も言えない」 協会にも賭博認める?(毎日新聞)
<地域主権戦略大綱>政府6月中の策定先送りへ 参院選後か(毎日新聞)
各党の政権公約要旨(産経新聞)
はやぶさ カプセル着地を確認…ヘリ捜索隊(毎日新聞)
スポンサーサイト

民家に2人組の男侵入 お年寄り女性縛り、現金数百万奪い逃走 東京・小金井(産経新聞)

 2日午後8時半ごろ、東京都小平市花小金井の80代の無職の男性方に2人組の男が押し入り、男性の妻の両手と口をタオルのようなもので縛ったうえ、現金百数十万円を奪って逃走した。妻にけがはなかった。警視庁小平署は強盗事件として捜査している。

 同署の調べによると、男らはインターホンを押し、妻が玄関を開けたところ、室内に押し入ったという。事件当時、男性は入院しており、妻が1人で家にいた。通行人が妻の「助けて」という声を聞き、110番通報したという。

 同署によると、2人組の男は若く、いずれも眼鏡を掛けていたという。

【関連記事】
強盗強姦など11の罪、冒陳を分割し初公判 大阪地裁で裁判員裁判
帰宅女性を10時間監禁、46万円奪う 容疑の4人を逮捕
職質の警察官に車ぶつけ重傷、高1少女らも逮捕 強殺未遂容疑
「指詰めたろか」大学生監禁容疑で高校生ら逮捕
女子高生、巧みに連絡先聞き出し強盗男逮捕
「はやぶさ」帰還へ

民事トラブルが関係か=横浜の弁護士刺殺事件(時事通信)
貧困ビジネス 別の自称NPO代表も逮捕 生活保護費詐取の共犯(産経新聞)
首相動静(6月4日)(時事通信)
<迫撃弾発射事件>差し戻し審で3被告に実刑 東京地裁判決(毎日新聞)
誠VOICE 第10回「次期首相を選ぶなら誰が良いと思いますか?」(Business Media 誠)

「人燃えている」と通報=地裁敷地内で男性重傷―神戸(時事通信)

 25日午後7時半ごろ、神戸市中央区の神戸地裁の敷地内で「男性が燃えている」と通行人から110番があった。県警生田署によると、男性は意識はあるが重傷で、神戸市内の病院に搬送された。同署が詳しい経緯を調べている。 

この国をどうやって守る 本気で防衛論議を(産経新聞)
新卒雇用奨励金を拡充=厚労省(時事通信)
新御堂筋深夜通行止めへ 新大阪駅新ホーム工事で(産経新聞)
障害者施設入所女性に乱暴、元支援員に実刑判決 千葉地裁(産経新聞)
署へ向かうパトカーの中、加藤被告は泣いていた 秋葉原殺傷事件(産経新聞)

米実弾訓練を沖縄県外移転…政府が負担軽減策(読売新聞)

 沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題で、政府が沖縄の負担軽減策として、米軍キャンプ・ハンセン(沖縄県金武町など)で行われている実弾射撃訓練など、海兵隊陸上部隊の訓練の県外移転を検討していることが15日分かった。

 移転先として、陸上自衛隊日出生台(ひじゅうだい)演習場(大分県)などが挙がっている。

 鳩山首相は、27日に開催される全国知事会で、移転の協力を要請する考えだ。

 ただ、移転先となる地元自治体の反発が予想されるうえ、米側が沖縄での訓練減少にどこまで応じるかも不透明だ。政府が調整に手間取る可能性もある。

 政府内で浮上している案は、沖縄に駐留する海兵隊陸上部隊が、複数の陸自演習場をローテーションで回り、数週間単位で訓練を行うという内容だ。

 米軍キャンプ・ハンセンでは、過去、県道を封鎖して実弾射撃訓練が実施されていた。政府は、1996年の日米合意の結果、県道越え射撃訓練を取りやめ、代わりに日出生台、矢臼別(北海道)、東富士(静岡県)、北富士(山梨県)、王城寺原(宮城県)の各陸自演習場に分散移転した経緯がある。

咲洲トンネル 回数券を着服か 大阪市三セク、元所長を逮捕へ(産経新聞)
家康の府中御殿跡か、JR府中本町駅前で発見(読売新聞)
診療・介護報酬の「大幅引き上げ」盛り込む―自民・公約原案(医療介護CBニュース)
温暖化解決の根拠のはずが…揺らぐIPCCレポートの信用性(産経新聞)
「わたしは時間を描いている」 横山裕一 ネオ漫画の全記録(産経新聞)

空自技官、入札巡り200万円の収賄容疑逮捕(読売新聞)

 北海道千歳市の航空自衛隊第2航空団発注の電気設備関連業務の入札を巡り、業者に便宜を図った見返りに現金約200万円を受け取った疑いがあるとして、北海道警千歳署は11日、同市北光5、同航空団基地業務群施設隊所属の技官、平方雄二容疑者(54)を収賄容疑で逮捕した。

 発表では、平方容疑者は2006年8月に同航空団が発注した変電施設の保守点検や部品を交換する業務で、入札前に電気設備会社に業務の見積もりをさせて概算価格を決め、その価格を同社に教えるなどの便宜を図った見返りとして、同年12月5日、同社から現金約200万円を受け取った疑い。

 同署の調べに対し、平方容疑者は「記憶していない」と容疑を否認しているという。

 この業務は11社による指名競争入札で行われ、同社が1911万円(落札率94・69%)で落札した。贈賄側の会社については、時効が成立している。

 平方容疑者は、1977年に自衛官採用。80年12月に同基地の技官となり、現在まで一貫して施設隊で勤務してきた。2005年8月~2008年1月、同航空団発注工事の立案や見積もりを担当する総括班企画係長だった。

<豊川一家殺傷>父の給料管理は容疑者の自立目的(毎日新聞)
河村名古屋市長 「けんかばかり」批判も 就任1年シンポ(毎日新聞)
医療法人の一般病院、黒字が13年ぶりの70%割れ(医療介護CBニュース)
日本一の大阪ブドウ復活を 駒ケ谷地区再生へ熱い思い(産経新聞)
<地震>東京で震度3=午後1時33分(毎日新聞)
プロフィール

ミスターよしかつさかい

Author:ミスターよしかつさかい
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。